プロフィール

jardio

Author:jardio
主に霖之助、東方香霖堂関係のSSを書いているサイトです。

書いてある内容にいやな予感を感じた方は、容赦なく戻って下さいませ。

趣味の合う方々は是非どうぞ。

また、書いてある内容の無断転載等はお控え願います。

連絡用メールアドレスはこちら。
jardiorinsure☆hotmail.co.jp
☆を@に変えてお送りください。

SkypeIDは此方。
[jardiorinsure]

リンクはフリーとなっておりますが、ご一報頂けると幸いです。

SSや落書きなんかをポツポツと修行中。


FC2カウンター
ツイッター
TOHO CLOCK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. TAM

    TAM

    2010-04-11 (Sun) 13:10

    俺もこんな文才が欲しい。楽しかったッス
  2. -

    2010-05-30 (Sun) 15:36

    動画見ました。
    綺麗な文章だと思います。
  3. jardio

    jardio

    2010-05-31 (Mon) 16:20

    > 動画見ました。
    > 綺麗な文章だと思います。
    ありがとうございます・・・!!
    見て頂けるだけで幸せ者でございますよ\(^o^)/

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

3

春の声









しとしと、しとしと、春雨が音色を奏でる、そんな日のはなし。
「暇ねぇ」
「暇だぜ」
「弾幕ごっこでもしてきたらどうだい。この2日、来客用のお茶請けが減る一方だ。むしろいい加減帰ってくれないか?」
「嫌ね」
「嫌だぜ」
「即答かい」
「暇だからココに居るんじゃない」
「この霙混じりの雨じゃあ、何処に行ったって暇だぜ」
結局暇だろうに。
全く、いつまで居座るのやら。


幻想郷に、今年も春が訪れようとしていた。
しかし、春告精の姿はまだ見られない。
厳しい冬が終わりを告げ、柔らかい陽射しと共に春がやって来る、季節の境界線に幻想郷は在る。

だが、ここ数日は曇天続き。外は今朝からの雨で、香霖堂の中には静かに雨音が響く。
心地よい音色の中で読書に勤しもうとした先日、悪名高い紅白と黒白が押し掛けてこの様だ。
霊夢曰く「高そうな茶菓子の気配がした」
魔理沙曰く「研究が捗らないから飯喰いにきたぜ」
良い年頃の少女二人がこんな辺鄙な場所にわざわざ通うなど、世間から見れば余程の物好きにしか映るまい。
わざわざ僕に付き合う理由も無いだろうに、少女は少女らしく活発にしていた方が…
「霖之助さーん、羊羹戴くわよ」
「こっちも煎餅貰うぜ」
…全く。
「ツケだからな」
「はいはい、いつか払うわよ」
「だぜ」
…場所を変えるか。
「ん、香霖、ドコ行くんだ?」
「縁側だよ」
「こんな雨の中で読書?」
「物好きねぇ」
「君らがそれを言うのか」
やれやれ、これで静かに本が読める。



縁側に出ると、幾分か雨脚も収まったようで、霙から春らしい雨に変わっていた。
これなら、あと数刻もせずに止むだろうと考え、本を開いた矢先、
「お邪魔するわよ」
「お邪魔するぜ」
…またか。

急須に湯呑み、茶菓子と大きめのタオルを抱えた二人がやって来た。

「何しに来たんだ?」
「昼寝しに来たぜ」
風邪引くぞ。
「霖之助さん、枕借りるわよー」
枕なんてここには…と考えたスキに、膝の上を二人に占領されてしまった。
「膝の上で煎餅を食べるな、散らかる」
「だらしないとは言わないのね」
「普段から無精だもんな、香霖は」
…全く、この子達は…。
「ツケだからな」
「膝枕もか?」
「一回いくらかしらね。商売に出来るんじゃない?」
…もう何も言うまい。
11339729.jpg


魔法の森の入り口近く、年季の入った古道具屋から、少女と青年の声がする。
からかうような少女達と呆れ顔の店主を、蒼く澄んだ空の晴れ間から、一声。

「はるですよー」

春告精が、微笑み掛けた。


「遂に来たわね、リリー」
「宴会シーズンの到来だな」
「はぁ…」
「何か問題でも有るのかい?」
「いっつもウチで宴会するくせに、片付けの前に皆逃げてくんだから」
「ココでやれば良いぜ、前みたいに」
「ちょっと待て、なにを勝手に…」
「神社から必要な物持ってくるわー!!」
「他の奴らに伝えてくるぜー !!」
遅かったか。

ふと見上げた先には、庭で咲き誇る無々色の桜と、手招きする春告精。
屈めと無言のうちに催促され、その通りにしてやると頭に添えられたのは、一輪の桜の枝。

「ありがとう」
そう告げて、頭を撫で上げる。
目を細めて、まるで甘える様に擦り拠った後、彼女は春を告げに何処かへと飛び去った。

さて、あまり時間もない。
押し切られたとはいえ、客人を迎えるは店主の勤め。
待ち望んだ春が来たのだ。ここまで来て何もしないのは無粋だろう。
そうして僕は、蔵から秘蔵の酒を出すべく、店へと戻って行った…。



幻想郷全てに春を告げ、春告精は夕闇を飛ぶ。
その手に、真っ白な桜を握り締めて。

幻想郷の中心、皆が集った、あの店へと。
スポンサーサイト
  • Date : 2010-04-11 (Sun)
  • Category : SS
3

Comment

  1. TAM

    TAM

    2010-04-11 (Sun) 13:10

    俺もこんな文才が欲しい。楽しかったッス
  2. -

    2010-05-30 (Sun) 15:36

    動画見ました。
    綺麗な文章だと思います。
  3. jardio

    jardio

    2010-05-31 (Mon) 16:20

    > 動画見ました。
    > 綺麗な文章だと思います。
    ありがとうございます・・・!!
    見て頂けるだけで幸せ者でございますよ\(^o^)/

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。